宮城のニュース

中古ランドセルをアフガンへ

県大崎倫理法人会事務局に持ち込まれた、アフガニスタン行きのランドセル

 宮城県大崎倫理法人会(大崎市、千葉幸嗣会長)は、アフガニスタンの子どもたちの学習を支援するキャンペーン「ランドセルは海を越えて2016」に協賛し、中古ランドセルや未使用文房具の寄付を募っている。
 受け付ける中古ランドセルは、金具などが壊れていない使用可能なもの。文房具はノートや鉛筆などで未使用品に限る。
 キャンペーンは、発展途上国の女性の命と健康を守る活動をしている公益法人ジョイセフ(東京、明石康会長)などが2004年に始めた。物資が不足しているアフガニスタンに毎年2万個ほど送っているが、需要の4分の1にも満たないという。
 大崎倫理法人会は200個を目標に募集中。寄付希望者は24日までの平日午後1〜5時に電話連絡の上、同市古川駅前大通6丁目の法人会事務局に持ち込むか送付する。締め切り後もランドセルを随時受け付け、来年分に回す。連絡先は0229(87)3445。


関連ページ: 宮城 社会

2016年03月19日土曜日

先頭に戻る