青森のニュース

<参院選青森>民共が候補一本化 選挙協力へ

 夏の参院選青森選挙区(改選数1)で、民主党県連と共産党県委員会は17日、野党候補者を一本化して選挙協力することで大筋合意した。参院選では(1)安全保障関連法廃止(2)集団的自衛権の閣議決定の撤回−などを訴える方針で一致した。
 青森市内での協議後、民主の田名部定男代表は「自民党を倒すため、野党協力で最大の効果を出さなければならない」と強調。共産の畑中孝之委員長は「安保法廃止を訴える候補者に一本化することで合意ができ、大きく前進した」と評価した。
 民主は元衆院議員田名部匡代氏(46)、共産は党東青地区委員長吉俣洋氏(42)の擁立を予定している。両党は維新の党、社民党の各県組織を加えた4者で21日会合を開き、結論を出す方針。
 共産の志位和夫委員長は2月下旬、野党候補一本化のため1人区で党公認候補の擁立を取り下げる意向を示し、青森選挙区でも田名部氏への一本化が有力視される。同選挙区では自民現職の山崎力氏(68)と新人で幸福実現党県副代表の三国佑貴氏(30)も出馬を表明している。


関連ページ: 青森 政治・行政

2016年03月18日金曜日


先頭に戻る