岩手のニュース

<三陸沿岸道>仙台直結 変わる物流網

三陸沿岸道路が延び、物流拠点として期待される久慈港(国土交通省釜石港湾事務所提供)

◎岩手復興 大動脈北へ(9)南北両にらみ

<冬でも安定配送>
 北に延びる大動脈を産業振興にどう生かすか。岩手県久慈地域では水産業を中心に、期待と不安が交錯する。
 「久慈が海産物や加工品の発送拠点になる可能性がある。物流網はかなり変わるだろう」。久慈市漁協食品工場の村上順一工場長は、三陸沿岸道路の整備効果をこう見立てる。
 最大のメリットは物流網の転換だ。現在、久慈漁港からの陸送ルートは主に二つ。青森県八戸市に集約して北海道や首都圏に運ぶか、内陸の盛岡市を経由して仙台市から東京に運ぶ。いずれも東北自動車道が輸送の基軸になる。
 三陸沿岸道路が開通すると、久慈は仙台と直結する。通行料金は無料。久慈を出発したトラックが宮古や釜石を経由して荷物を積み込み、仙台に直接運び込むことができる。現在は時間がかかる東京直行も短縮される。
 村上工場長は「時間とコストがかなり削減できる。内陸を通る必要がなくなれば、冬場も安定した配送ができる。より遠くに運ぶこともできる」と見通す。
 久慈市を中心とした北三陸にとって、産業振興は長年の懸案だ。
 久慈市を含む岩手県北広域振興局管内の2013年度総生産額は、3917億円で4広域振興圏では最低。1人当たりの年間所得も250万2000円で最も低い。県平均所得を100%とした場合、108.5%の県央に対し、県北は92.7%にとどまる。

<横軸の弱さ課題>
 物流網の強化を契機に、市は久慈港の利用促進を狙う。同港の貨物取扱量は市内で採石される生コンクリートの原料の輸送量が増えたこともあり、15年は18万1000トンと前年を6万トン上回った。野田村に計画があるバイオマス発電所の燃料の受け入れ基地としての役割も期待される。
 ポートセールスを進める上では懸念もある。三陸沿岸道路の建設は着々と進むが、内陸部を結ぶ横軸は震災前とほぼ変わらない。
 岩手県釜石市と同県宮古市はそれぞれ、東北横断道釜石秋田線(80キロ)と宮古盛岡横断道路(100キロ)の整備によって、1時間程度で内陸部と直結する。久慈市から盛岡市までは2時間半、冬は3時間程度かかる。
 久慈市港湾・エネルギー推進課の木地谷淳係長は「内陸部企業からの集荷はなかなか難しい。縦軸の道路を生かした荷主の開拓や企業誘致を進めたい」と方向性を説明する。
 岩手県立大総合政策学部の山本健准教授(地域経済)は「久慈地域は道路整備を生かし、八戸市との近さを意識しつつ県境を越えた産業振興策に特化すべきだ」と提案する。
 三陸沿岸の主要都市の将来を展望し「釜石や宮古は地の利を生かした一定の産業集積が見込める。今後は久慈や大船渡などに重点化するような産業施策が必要だ」とも指摘する。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2016年03月18日金曜日


先頭に戻る