宮城のニュース
  • 記事を印刷

<仙台駅>にぎわい東西自由通路 装い新た

多くの人でにぎわった東西自由通路とエスパル仙台東館=18日午前10時25分ごろ、JR仙台駅

 3年に及ぶ拡幅工事を終えたJR仙台駅(仙台市)2階の東西自由通路の利用が18日、始まった。通路沿いの新駅ビル「エスパル仙台東館」も同時にオープン。大規模再開発の中核施設が完成し、仙台駅周辺は多くの人でにぎわった。
 自由通路は幅が従来の6メートルから16メートルに拡大。4階部分まで吹き抜けとなり、ガラス張りの天井から、光が差し込む構造となっている。通路には在来線用の東口改札を新設し、東口側から来る利用者の利便性は格段に向上した。
 白石市から訪れた会社員作間裕美さん(32)は「とても明るい空間になった。東館は新しい店も多く楽しみ」と話した。
 東館は地上6階、地下1階で店舗面積約1万平方メートル。衣料品、雑貨販売など東北初進出の29店を含む82店が出店した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年03月19日土曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る