宮城のニュース

<現金授受>立花社長「法令順守取り組む」

 東北楽天をはじめ7球団で自チームの勝敗に絡む現金のやりとりが発覚した問題で、東北楽天の立花陽三社長は18日、「ファンに申し訳ない。コンプライアンスを順守するよう、これまで以上に取り組む」と話した。同日、改修工事をほぼ終え報道機関に公開されたコボスタ宮城(仙台市)で取材に答えた。


2016年03月19日土曜日


先頭に戻る