宮城のニュース

<秋山エリカさん>ボールで所作を美しく

秋山さん(左)の指導でボールを使った体操に挑戦する子どもたち

 元新体操五輪選手で日本代表コーチの秋山エリカさんによる新体操講習会が8日、柴田町の仙台大第4体育館であった。同大のジュニア新体操教室や白石市のホワイトキューブ新体操教室に参加する仙南地域の女子児童約50人がプロに手ほどきを受けた。
 準備運動の後、子どもたちは音楽に合わせてポーズを決めたりボールを使った技を繰り返したりした。秋山さんは「手も足も指先まで真っすぐ伸ばす。指先をそろえることできれいに見える」とアドバイスした。
 新体操を始めて3年目という柴田町の東船岡小2年宮城愛美さん(8)は「ボールを使った体操が楽しかった」と笑顔を見せた。
 講習会は柴田町が同大に委託した「トップアスリート育成事業」の一環。プロとの交流を通じて将来、五輪を目指す子どもたちを育てる狙いがある。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年03月20日日曜日


先頭に戻る