宮城のニュース

新名称は「楽天イーグルス南郷球場」に

牧野ジュニアコーチから投球動作の基本を学ぶ子どもたち

 プロ野球東北楽天を運営する楽天野球団とパートナー協定を結んだ美里町の町営南郷球場が「楽天イーグルス南郷球場」と命名された。19日、同球場で命名の式典と記念の野球教室があった。
 式典には町と球団の関係者、野球少年と保護者150人が出席。相沢清一町長は「野球の面白さ、奥深さを今日一日、存分に味わってほしい」とあいさつ。楽天野球団の森井誠之執行役員営業本部長は「皆さんもイーグルスの一員になったつもりで、野球を通じてどんどん元気になってください」と呼び掛けた。
 新しい球場名が入ったネームプレートの除幕後、球団ベースボールスクールの牧野塁、坂下達徳・両ジュニアコーチによる「親子ふれあい野球教室」が開かれた。子どもたちはグラブさばきやバットコントロールのポイントを教えてもらった。


2016年03月20日日曜日


先頭に戻る