広域のニュース

<震災5年>両陛下 優しいまなざし被災地へ

震災で犠牲になった漁業者を悼み、慰霊碑に黙礼される天皇、皇后両陛下=17日、石巻市の宮城県水産会館

 東日本大震災から5年を迎え、天皇、皇后両陛下は16日から3日間の日程で、宮城、福島両県を訪問された。被災地を案じ続ける両陛下が震災後、両県を視察するのはそれぞれ5回目。優しいまなざしで被災者を包んだ。各地で復興状況を確かめながら、避難生活を強いられる住民や再建を果たした事業者に、いたわりと励ましの言葉を掛けた。


2016年03月20日日曜日


先頭に戻る