宮城のニュース

<ツタヤ図書館>書店とカフェ併設 オープン

開館初日から大勢が来館した多賀城市立図書館

 新しい多賀城市立図書館(宮城県多賀城市)が21日、JR仙石線多賀城駅前に開館した。書店とカフェなどを併設し、初日から大勢の市民らが訪れた。
 レンタル大手TSUTAYA(ツタヤ)を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者。多賀城市を含む仙台都市圏14市町の住民や多賀城市内の通勤、通学者を基本に図書を貸し出す。
 多賀城市の小学校教諭今村裕子さん(58)は「開館が待ち遠しかった。駅に近く、さまざまな年齢層が集まれる」と期待。3階学習スペースで勉強した仙台市田子中2年の佐藤潤弥さん(14)は「雰囲気がいい。見ていて楽しい」と話した。
 開館前のセレモニーで、菊地健次郎市長は「市民の皆さんに、来てよかったと喜んでもらえる図書館づくりを進める」とあいさつ。CCCの武田宣副社長は「市民の皆さんと図書館を盛り上げたい」と述べた。
 年中無休で開館時間は午前9時〜午後9時半。


関連ページ: 宮城 社会

2016年03月22日火曜日

先頭に戻る