秋田のニュース

古民家ビジネス 起業家魅力語る

高校生を前に起業の魅力を語った丑田さん

 秋田県五城目町で古民家を改装した会員制宿泊施設「シェアビレッジ」の運営などに携わる起業家丑田(うしだ)俊輔さん(31)が秋田市の秋田南高で講演し、1年生約270人にシェアビレッジを始めたいきさつや地域で起業する魅力を語った。
 丑田さんは、シェアビレッジの運営を考えついた理由を「古民家を一人で守り継ぐことは困難でも、みんなで力やお金を負担し合えばできると思った」と説明。「地元に仕事がないという人もいるが、力を合わせて創出することができる」と語った。
 聴講した1年石井瑞夏さん(16)は「人と協力して起業の不安を乗り越えた話を聞いてすごいと思った。私も諦めずに努力しようと思った」と話した。


関連ページ: 秋田 経済

2016年03月22日火曜日


先頭に戻る