宮城のニュース

<名取市長選>佐々木氏4選出馬へ

佐々木一十郎氏

 任期満了に伴う宮城県名取市長選(7月3日告示、10日投開票)で、現職の佐々木一十郎氏(66)は22日、4選を目指して無所属で立候補する意思を固めた。同市長選に立候補の意向を明らかにしたのは佐々木氏が初めて。
 河北新報社の取材に対し、東日本大震災で被災した閖上地区の復興に引き続き取り組む考えを表明。「復興計画を着実に実行し、新たな魅力を備えた職住近接のまちづくりを進めたい。市中心部の再開発や企業誘致も進め、市勢発展に力を尽くす」と述べた。
 佐々木氏は仙台市出身、東北工大中退。名取市閖上の酒造会社社長、名取市議2期を経て、2度目の挑戦となった2004年の市長選で初当選。前回無所属新人との一騎打ちを制した。
 同市長選には、無所属で元名取市議の男性(52)も立候補に向けた準備を進めている。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年03月23日水曜日


先頭に戻る