山形のニュース

<天童いじめ自殺>知事「厳しく処分」

 吉村美栄子山形県知事は22日の定例記者会見で、天童市の中1女子がいじめを苦に自殺した問題で、当時の学級担任らが懲戒処分となったことに関し「県教委は厳しく判断したと考える。県民も納得してくれると思う。教育関係者は重く受け止めてほしい」と述べた。他県の同様事案と比べ重い処分との見解を示した。
 再発防止策について「天童市の場合、最初に保護者からの相談があったと聞いている。学校として、生徒らからのサインを見逃さないことが大切だ。行政と学校、地域、家庭が一丸となっていじめ撲滅に取り組む」と強調した。
 県教委は15日、適切な対応を怠ったなどとして当時の学級担任と部活動顧問を減給10分の1(3カ月)、教頭と学年主任を戒告の懲戒処分にした。
 県教委によると、2011年に大津市でいじめを苦に中2男子が自殺した問題では、担任だった男性教諭は減給10分の1(1カ月)の懲戒処分だった。


関連ページ: 山形 社会 いじめ自殺

2016年03月23日水曜日


先頭に戻る