宮城のニュース

<楽天>V奪還へ必勝祈願

必勝を祈願する梨田監督(前列左から4人目)ら

 プロ野球東北楽天の選手、コーチら約100人が23日、仙台市青葉区の大崎八幡宮を訪れ、25日に開幕する今シーズンの必勝を祈願した。
 今季から指揮を執る梨田昌孝監督、星野仙一球団副会長、選手会長の銀次内野手らが拝殿で玉串をささげた。梨田監督は「体と心が健康でないといけない。開幕戦に勝つことは大きい(意味がある)。優勝と併せてお願いした」と語った。
 星野副会長は、高卒新人で球団史上初の開幕1軍入りしたオコエ瑠偉外野手(東京・関東第一高)に「あいつらしいプレーをしてほしい。ここからが大変。二つ、三つのドアをこじ開けないと」とエールを送った。
 2季連続最下位からの巻き返しを目指す東北楽天は25日、仙台市宮城野区の楽天Koboスタジアム宮城で、2季連続日本一のソフトバンクを迎え撃つ。


2016年03月24日木曜日


先頭に戻る