宮城のニュース

<楽天>「2番銀次」超攻撃的

佐々木信行さん

◎解説者の目 佐々木信行さん

 東北楽天の野手陣は顔触れが多彩になった。特にウィーラーは計算でき、場合によっては4番でもいい。昨季後半に好調だったが、日本の野球に慣れた印象だ。今季は凡打した時でも自分の振りをしており、余裕を感じる。ゴームズは最初は変化球への対応やボールゾーンへの誘い球に苦慮するかもしれない。そこでウィーラーが1年先輩として経験談を伝え、力を引き出してほしい。
 打線の組み方で、銀次を2番に置くのは超攻撃的と言える。2番が犠打で走者を進めるより、銀次の巧打でチャンスを拡大し、いきなり2、3点取ろうという狙いだ。東北楽天の先発陣を見渡すと、1点勝負で勝てる投手がほとんどいないだけに、序盤に援護点を奪いたい。
 ただ、先発メンバーで誰をどこで出すかが難しい。捕手が嶋基宏、一塁は銀次、二塁は藤田一也で、2軍調整が続いていた三塁の今江敏晃も開幕には間に合わせてきた。ウィーラーが左翼、ゴームズを指名打者に入れる形になるだろう。
 一番悩ましいのが遊撃だ。哲朗は打撃が持ち味だが、調子の波が安定しない。吉持亮汰(大商大出)は打撃面で実戦向きのしぶとさがあるが、守備の打球判断に拙さを感じる。茂木栄五郎(早大出)も打撃のタイミングの取り方に類いまれなセンスを感じさせるものの、遊撃は本職ではない。ベテラン後藤光尊の力が必要な時期もあるだろう。
 急成長を続けているオコエ瑠偉(東京・関東第一高出)はこのまま1軍に残して、高いレベルに慣れさせた方がいいと断言したい。藤浪晋太郎(阪神)らの速球も打ち、打撃の対応力、修正力が高い。俊足だから代走などでも1軍に残れる。こんな高卒新人はそうそういない。
 投手陣は則本が15勝程度は計算できる。2番手はオープン戦で結果を残した塩見か。続いて美馬学、釜田佳直、レイ、戸村健次で回す形とみる。辛島航、森雄大、安楽智大あたりで調子のいい人を入れてもいい。ただ則本昂大、レイ以外は、年間通して先発で回せるか不安要素がある。個々の好不調を見ながらのやりくりを強いられる。
 七〜九回を託す救援陣は福山博之、青山浩二、リズ、松井裕樹としっかりしている。それだけに、先発が五、六回までを4失点程度でしのぎたい。先発を争う投手はもっと個性を磨いて、先発に定着してほしい。しつこく内角を突くとか、あえて荒れ球で攻めるとかして、打者に嫌がられる投手になってほしい。リードする嶋の力にも期待したい。

■佐々木信行(ささき・のぶゆき)宮城県津山町(現登米市)出身。宮城・佐沼高から72年にロッテ入団。ポジションは捕手。82年の現役引退後、ロッテの1軍バッテリーコーチや2軍監督などを歴任した。東北楽天の野球解説は球団創設期から続けている。62歳。
          ◇         ◇         ◇
 プロ野球の2016年シーズンが25日、セ・パ両リーグ同時に幕を開ける。
 創設12年目の東北楽天は、2季連続の最下位から捲土(けんど)重来を期す。近鉄、日本ハムをそれぞれリーグ優勝に導いた名将、梨田昌孝監督を新監督に迎え、3年ぶりとなるリーグの頂点、その先にある日本一の栄冠を目指す。


2016年03月24日木曜日


先頭に戻る