宮城のニュース

<亘理FM>被災地に情報伝え5年、閉局

マイクに向かって涙をこらえて閉局のあいさつをする吉田チーフ(左)

 東日本大震災直後の2011年3月24日に放送を始めた宮城県亘理町の臨時災害局「FMあおぞら」が24日、閉局した。町の委託で局を運営するNPO法人は、コミュニティー(地域)局での再開を目指し、町に支援を求めていく。
 最終日はスタッフ7人が総出演した特別番組を放送。5年間の足跡や番組制作の思い出を語り合った。最後は開局以来の女性スタッフ2人が終了を報告した。
 吉田圭チーフ(55)は涙で声を詰まらせ、「放送を続けることができたのは皆さんのおかげ。必ずまた会いましょう」とあいさつ。終了時間の午後4時、「FMあおぞら閉局です」と告げ、名残を断ち切るように送信コードを引き抜いた。
 FMあおぞらは町役場敷地内のプレハブで放送を始め、震災で寸断されたライフラインなどの生活情報を伝え続けた。その後はJR駅東側の公共施設にスタジオを構え、町内の支援イベントや学校行事、行政情報などを放送してきた。
 閉局は総務省の放送免許と運営費に充てた国の交付金がともに今月末で切れるため。NPO法人は地域局での再開に向け、町に9358人分の署名とともに支援を要望。運営計画の策定やスポンサー集めに取り組む。法人代表を務める吉田さんは「亘理の日常を生き生きとさせる放送が必要。地域局が活性化に役立つと確信している」と話した。


2016年03月25日金曜日

先頭に戻る