宮城のニュース
  • 記事を印刷

<楽天>いい出だしだ プロ野球開幕

今季開幕戦に勝利し、喜び合う先発の則本(左から2人目)ら東北楽天ナイン=25日午後7時15分ごろ(写真部・山本武志撮影)

 野球賭博問題などで揺れるプロ野球セ、パ両リーグは25日、開幕した。東北楽天は仙台市宮城野区の楽天Koboスタジアム宮城で2年連続日本一のソフトバンクと対戦し、7−3で逆転勝ちした。則本昂大投手はセ、パ両リーグで史上初となる新人から4年連続での開幕投手を務め、勝ち投手となった。東北楽天の開幕戦の通算成績は5勝7敗となった。
 東北楽天は0−3の二回、藤田一也内野手と岡島豪郎外野手の2点適時打など打者一巡の攻撃で5点を挙げて逆転。則本は三回以降は立ち直り、7回3失点にまとめた。
 4選手(いずれも契約解除)が野球賭博に関与していた巨人は東京ドームで行われたヤクルト戦の試合前のセレモニーで老川祥一新オーナー(74)がファンに謝罪した。昨年10月に巨人の福田聡志(32)、笠原将生(25)、松本竜也(22)の3選手が野球賭博をしていたことが発覚。今月8日に新たに高木京介投手(26)の関与が判明したほか、他球団でも自チームの公式戦の勝敗に絡んで選手間で現金授受が行われていた実態などが明らかになった。


2016年03月26日土曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る