宮城のニュース

<楽天>現金授受 ファン「信頼取り戻して」

開幕戦の勝利を願い、風船を飛ばす東北楽天ファン

 プロ野球東北楽天の今季開幕戦が仙台市宮城野区の楽天Koboスタジアム宮城であった25日、大勢のファンが2年連続最下位からの巻き返しを願い、熱い声援を送った。プロ野球界が野球賭博への関与や選手間の現金授受などで揺れる中、「プレーで信頼を取り戻してほしい」と奮起を促す声が相次いだ。
 大崎市の高校1年伊藤寿夏さん(16)は3年ぶりの優勝を期待する。新人野手として球団で初めて開幕戦先発出場した茂木栄五郎内野手を「守備も打撃もいい」と注目し、応援した。
 上山市の会社員会田太樹さん(20)は今季3位と予想。「今江敏晃内野手で三塁を固定できるのが大きい」と力を込める。
 秋田県小坂町の会社員庄司利治さん(59)は「打線の奮起でAクラスを目指して」とエールを送った。妻の美紀子さん(50)は球界の金銭不祥事に触れ「今後の姿勢で信頼を取り戻すしかない」とくぎを刺した。
 選手間の現金授受は東北楽天でも判明。さいたま市の会社員鈴木友梨さん(27)は「少額でもお金のやりとりはいけない。子どもが憧れる職業なので、クリーンであってほしい」と願った。順位予想は「2位」とし、チーム再生に懸けた。


2016年03月26日土曜日


先頭に戻る