宮城のニュース

<大川小保存>遺族や住民ら思い複雑

亀山市長が全体保存を表明した大川小校舎。26日も多くの人が献花に訪れた

 東日本大震災で児童と教職員計84人が犠牲となった宮城県石巻市大川小の被災校舎について、亀山紘市長は26日、保存する判断を示した。「教訓を後世に伝えるために必要」「解体を望む人にも心を配ってほしい」。遺族や住民らは胸の内を明かし、具体的な保存の在り方をめぐる今後の議論を見据えた。
 6年だった長男大輔君=当時(12)=を失った今野浩行さん(54)は、市長の判断を聞き胸をなで下ろした。震災直後から「大川小の悲劇を二度と繰り返さないために校舎を残すべきだ」と信念を抱き続けてきたからだ。一方では、残す意義をみんなで考える機会が足りなかったとも感じるという。
 児童23人の19遺族が市と宮城県を相手に起こした訴訟の原告団長を担う。その傍らで校舎に足を運ぶ。「死にたくなかった。なぜ助けてくれなかったのか」。早世した息子の悔しさに思いをはせ、自らを奮い立たせる場になっている。
 石巻市内の仮設住宅で暮らす男性が静かに語る。「解体の声は上げにくいのが実情。願いは通じないだろう、と諦めの境地だった」
 震災後、校舎が立つ大川地区を離れた。地域住民らに親しまれた校舎の変わり果てた姿を見るのがつらい。月命日に学校へ行っても、観光客を目にすると手を合わせることができない。
 男性は「校舎が周囲から見えないような工夫を望む。保存すると決めた以上は100年後、200年後も形をとどめる残し方をしてほしい」と訴える。
 住民団体「大川地区復興協議会」の大槻幹夫会長(73)は「市長の判断を尊重する。熟慮したのだろう」と話す。協議会は昨年5月、校舎全体を保存し周辺を「鎮魂の森」として整備するよう市に要望した。
 具体的な保存方法について、亀山市長は協議会を中心に話し合う意向を示す。
 大槻会長は「校舎は鎮魂や慰霊の場であるとともに、津波の恐ろしさや逃げることの大切さを学べる場になればいい」と主張。「保存と解体のどちらかが正しいということはない。解体を求める人にも配慮しながら市との協議に臨みたい」と話す。


2016年03月27日日曜日


先頭に戻る