青森のニュース

<センバツ>八戸学院光星 8強届かず

龍谷大平安−八戸学院光星 8回表八戸学院光星2死一、二塁、好機で三振に倒れる小林。捕手竹葉

 第7日は26日、3試合が行われ、龍谷大平安(京都)木更津総合(千葉)明石商(兵庫)が勝って、準々決勝に進出した。八戸学院光星(青森)の8強入りはならず、東北勢3校は全て姿を消した。
 八戸学院光星は好機に一打が出なかった。龍谷大平安の先発市岡に5安打完封を許し、0−2で敗れた。
 木更津総合は1点を追う三回、5長短打で4点を挙げ逆転。大阪桐蔭を許さず、4−1で破った。
 春夏通じて初出場の明石商は吉高が春4度の優勝を誇る東邦(愛知)を5安打に抑え、3−0で完封した。


 ▽2回戦(第1試合)

八戸学院光星(青森)000000000=0
龍谷大平安(京都) 10000100×=2

 【評】八戸学院光星は好機に一打が出ず、龍谷大平安の左腕市岡に5安打完封された。得点圏に6度走者を進めたものの、一回2死三塁の先制機に益田が内野ゴロに倒れるなど、凡打を重ねて10残塁。先発和田が好投し、六回途中からは桜井につないで2失点と粘ったが、援護がなかった。
 市岡は6四球と制球に苦しんだが、低めの変化球が効果的で、守備陣の好守に支えられた。

<右腕和田「相手が一枚上」>
 八戸学院光星は背番号10の和田が先発し、低めを突く投球で5回1/3で4安打2失点と「合格点」(仲井監督)の内容だった。
 それでも右腕は「相手が一枚上だった」と振り返る。一回は1死から中前打と盗塁で走者を二塁に背負った場面で、西川にワンバウンドしそうな変化球をうまく捉えられ、左翼線際に落ちる適時二塁打となった。
 先発を伝えられたのは1回戦の開星(島根)戦で主戦桜井が完投した直後。「大会前の練習試合で好投し桜井と遜色ない」と言う仲井監督の期待に応えた。「でも、全てが力不足。球速と変化球の精度を上げたい」と和田。夏は主戦として甲子園に戻ってくる覚悟だ。

◎6度の得点機凡打に終わる
 八戸学院光星は一回2死三塁の先制機、益田が打席に。2球目、高めに浮いたスライダーを狙い打ったが、遊ゴロに倒れた。「力みがあった。引っ掛けてしまった」。期待の4番は、その後も走者を置いて入った3打席で全て凡打に終わった。
 左腕市岡を打ち崩せなかった。「ピンチの時ほど腕を振ってきたので、低めの変化球を振ってしまう打者が多かった」と奥村主将は言う。5安打と6四球で八回まで毎回走者を出し、そのうち6度も得点圏に進めながら無得点。「勝負どころで一本出るかどうか。敗因は勝負強さの差」
 仲井監督は悔しさを押し殺すように語った。「冬場は練習したつもりだが、甘いなと思った。平安高校さんの方が練習してきた」。相手はピンチで投手だけでなく、野手も「俺の所に打球が来い」とばかりに気合十分に構える。「やってきた練習への自信を感じた。うちの選手も負けてたまるかぐらいの気持ちでやってほしかったが…。まだまだ弱い」と課題を挙げた。
 2年前の選抜大会2回戦でも龍谷大平安と対戦し2−8で負けた。「打たなければ勝てないと振り込んだつもりだが、全国レベルの投手を打つ練習が足りなかった。もう一度やり直したい」と、仲井監督は新たな意欲をかき立てた。(野仲敏勝)

<打者に力なかった>
 八戸学院光星・仲井宗基監督の話 攻めの姿勢で試合に臨むつもりだったが、(左前二塁打で)先制された場面は長打を警戒して守備が(後ろに)引いてしまった。市岡投手は1回戦ほどの調子ではなかったと思う。うちの打者に一発で仕留める力がなかった。


関連ページ: 青森 スポーツ

2016年03月27日日曜日


先頭に戻る