広域のニュース

<北海道新幹線>青函つなぐ 夢運ぶ

地元住民らが見守る中、青函トンネルに入る新青森発の下り一番列車「はやて91号」=26日午前6時50分ごろ、青森県今別町

 新青森−新函館北斗間(約149キロ)を結ぶ北海道新幹線が26日、開業した。1973年の整備計画決定から43年を経て、北海道から九州まで新幹線でつながった。沿線の各駅を中心に多彩なイベントが開かれ、長年待ち望んだ北海道新幹線誕生を祝った。
 上下とも一番列車はほぼ満席となった。最北の新函館北斗駅(北海道北斗市)では、午前5時45分から開業式典が行われた。
 JR北海道の島田修社長が「新たな連携のスタートだ。道民の夢を乗せた北海道新幹線が東北地域との交流を拡大する。沿線地域にも効果を実感してもらえるよう、安全運行を最大限心掛けて取り組む」とあいさつした。
 続いて出発式が開かれ、ラベンダー色のラインが鮮やかな新型車両「H5系」が入線すると、ホームに集まった鉄道ファンから歓声が上がった。
 テープカットとくす玉割りで門出を祝った。全731席が満席となった東京行き上り一番列車「はやぶさ10号」(10両編成)は、鳴海正・新函館北斗駅長の合図で定刻の午前6時35分、警笛を響かせ出発した。
 同日開業した奥津軽いまべつ駅(青森県今別町)と木古内駅(北海道木古内町)のほか、新青森駅(青森市)や仙台駅、東京駅などでも出発式や歓迎セレモニーが開かれた。
 北海道新幹線は東京−新函館北斗間を1日10往復、新函館北斗−新青森、盛岡、仙台間をそれぞれ1往復運行する。東京−新函館北斗間は最短4時間2分、仙台−新函館北斗間は2時間半、新青森−新函館北斗間は1時間1分で結ぶ。
 青函トンネルを含む貨物列車との共用走行区間(約82キロ)では、擦れ違い時の安全性を考慮し、時速140キロに減速して走行する。


関連ページ: 広域 社会

2016年03月27日日曜日


先頭に戻る