宮城のニュース

震災、豪雨で使用不能…サッカー場が足りない

宮城豪雨で使用不能になっている七北田川岩切河川敷緑地公園

 仙台市のサッカースポーツ少年団が、大会の会場や練習場の確保に苦心している。東日本大震災に、昨年9月の宮城豪雨が追い打ちをかけ、市内のサッカー場が相次いで使えなくなったためだ。関係者は「グラウンドの予約競争は激化の一途」と嘆くが、市は静観の構えに徹している。
 市内の主な使用不能なサッカー場は表の通り。その結果「施設が充実している泉区のシェルコムせんだいや泉サッカー場に利用希望が集中している」と多くの関係者が指摘する。
 市内5区の選抜チームが勢ぞろいし、シェルコムせんだいで毎年2月に開く「仙台チャンピオンズカップ」。主催する市サッカースポーツ少年団協議会(宮城秀夫理事長)は大会1年前に施設利用を申請したが、使用許可は下りなかった。
 やむを得ず、ことしの大会は松島町に会場を移して開催した。宮城理事長は「仙台の名を冠した大会なのに、他都市で開催することになるとは」と肩を落とす。市への後援依頼は「開催地が仙台市内でない」として却下された。
 施設利用は認めず、返す刀で後援もできないとする市スポーツ振興課の対応に「納得できない」と宮城理事長の怒りは収まらない。
 他県のチームを招待して8月の仙台七夕期間中に開いていた「仙台七夕杯」は震災以降、若林区の海岸公園運動広場、ニッペリアから泉サッカー場に会場を変更した。
 七夕の期間中は泉サッカー場の使用希望が立て込み、予約を断念。7月に前倒し開催せざるを得ず、試合とセットで仙台七夕をPRしようという本来の開催趣旨が損なわれてしまった。
 シェルコムせんだいと泉サッカー場は現在、週末の予約が1年以上先まで満杯の状態。だが、市スポーツ振興課は「両施設は以前から利用率が高かった。災害の余波で予約が殺到したとは言い切れない」と受け流す。
 宮城野区の七北田川岩切河川敷緑地公園をホームグラウンドにしていた岩切サッカースポーツ少年団は宮城豪雨の後、泉区のスポパーク松森に遠征して練習を続ける。高橋建男監督は「これからシーズン本番を迎えて利用希望が増えれば、予約も難しくなるのではないか」と気をもんでいる。


2016年03月28日月曜日


先頭に戻る