宮城のニュース

<楽天>打線沈黙 無得点

10回、2失点を許しマウンドに集まる青山(左から2人目)と楽天ナイン

 東北楽天は0−0の延長十回、救援陣が崩れ、大敗した。青山浩二、石橋良太が打者11人に6短長打を浴び、7失点した。打線は振るわず、8回無失点と好投した先発釜田佳直を援護できなかった。
 ソフトバンクは今季初勝利。先発武田翔太が9回7安打無失点と粘投した。

 東北楽天−ソフトバンク3回戦(1勝1敗1分、コボスタ宮城、13時、25,455人)
ソフトバンク0000000007=7
東北楽天  0000000000=0
            (延長10回)
(勝)武田1試合1勝
(敗)青山2試合1敗

☆梨田の話ダ
<武田にお手上げ> 
 「あのカーブは消えるように見える。対策を練らないと。でも練って打てるのだったら10勝する投手はいなくなってしまう」(7安打を浴びせるも武田を攻略し切れなかったことに)


2016年03月28日月曜日


先頭に戻る