岩手のニュース

酒気帯びで職員懲戒免職

 岩手県は28日、酒気帯び運転で略式命令を受けた県立釜石病院の佐々木雅彦調理師(56)を懲戒免職処分とした。県によると、佐々木調理師は昨年6月23日夜、釜石市の仮設公舎の自宅で飲酒。翌朝、乗用車で出勤途中に摘発された。花巻簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。


関連ページ: 岩手 社会

2016年03月29日火曜日


先頭に戻る