宮城のニュース

<仙台いじめ自殺>市長「要望あれば再び説明会」

 仙台市泉区の館中1年の男子生徒=当時(12)=がいじめを苦に自殺した問題をめぐり、奥山恵美子市長は29日の定例記者会見で、市教委第三者委員会のいじめ問題専門委員会が市教委に24日答申した追加調査結果に関する説明会の開催は可能との認識を示した。
 館中は24日、答申概要と学校の対応方針を説明する文書2枚を生徒を通じて保護者に配布。奥山市長は「年度末(で慌ただしい)ということもある」と文書による説明に理解を示した上で、「今後、地域や保護者が説明の場で聞きたいというのであれば、そういう方向も可能だと思う」と述べた。
 市教委は昨年10月に保護者説明会を開いた際、追加調査結果が出た段階で再び説明会を開く考えを示している。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年03月30日水曜日


先頭に戻る