宮城のニュース

<FCV>水素ステーション 東北初開設

東北に初めて設置されたスマート水素ステーションと燃料電池車=29日、仙台市宮城野区の宮城県保健環境センター

 宮城県は29日、東北初となるスマート水素ステーション(SHS)を、仙台市宮城野区の県保健環境センターに開設した。SHS開設に合わせて、公用車として利用する燃料電池車(FCV)も3台導入した。
 SHSはホンダと産業ガス大手の岩谷産業が共同開発し、縦2.1メートル、横3.2メートル、高さ2.1メートルの大きさ。FCVが150キロ走行可能な量の水素を1日で製造できる。総工費約1億6700万円のうち、環境省から約1億1400万円の補助を受けた。
 導入したFCVはトヨタ自動車の「ミライ」2台とホンダの「クラリティ フューエルセル」。ミライ2台は購入し、ホンダとはリース契約を結んだ。県は各地で試乗会を開くなどして活用し、水素エネルギー社会啓発に努める。
 開所式と納車式が現地であり、村井嘉浩知事やホンダ、岩谷産業、トヨタ自動車の関係者らが出席。村井知事はあいさつで「東北各地でFCVが利活用されるための大きな一歩。水素社会実現に向けた動きが加速される」と述べた。
 県はFCV関連事業を東日本大震災からの復興の重点事業と位置付け、昨年4月に官民組織「みやぎFCV普及促進協議会」を設置した。新年度に東北第1号の商用水素ステーションを設ける岩谷産業に整備費の一部3億8000万円を助成するほか、FCV購入者に100万円を補助する。


関連ページ: 宮城 経済

2016年03月30日水曜日


先頭に戻る