宮城のニュース

春告げる紫 カタクリ見頃

陽光に輝いて早春を告げるカタクリ=29日正午すぎ、仙台市太白区の市太白山自然観察の森

 仙台市太白区の太白山自然観察の森でカタクリが咲き誇っている。29日の仙台は日中の最高気温が14.2度と4月中旬並み。ここ数日の陽気に誘われ、一気に花を開き始めた。
 カタクリは日当たりのいい斜面の一角に群生する。春めく日差しが注ぎ込むと、淡い紫色の花びらが透けるように輝いた。
 友人4人と散策に訪れた太白区の菊池祐子さん(71)は「花びらの付け根にある紅紫色の模様がきれい」と早春の彩りを楽しんでいた。
 観察の森の自然解説員によると、見頃は4月上旬ごろまで。


関連ページ: 宮城 社会

2016年03月30日水曜日

先頭に戻る