宮城のニュース

<楽天>接戦一変 6回以降投手陣粘れず

6回、2死満塁のピンチを招き、降板する東北楽天先発の辛島

 同点の緊迫した試合展開が一変、六回以降に投手陣が崩れ、終わってみれば10点差の大敗。前戦に続き同点の状況から大量失点し、梨田昌孝監督は「またビッグイニングになってしまった。守っている時間が長くなる良くないパターンを修正しないといけない」と厳しい表情で語った。
 先発辛島航は粘りの投球で五回まで1失点と試合をつくったが、六回に四球でリズムを乱した。先頭から2死を奪うも「慎重に行き過ぎた。抑えようと空回りしてしまった」と、2四球と安打で満塁とし降板した。
 もはや勢いづいた相手を止めるのは苦しい状況。代わった横山正志が、中堅松井稼頭央と左翼ウィーラーが交錯する間に走者一掃となった三塁打を浴び、辛島は「ああいう形でマウンドを降り、チームにも横山にも申し訳ない」と肩を落とした。
 七回は横山も2死から走者を出し、失点する悪い展開に陥った。鈴木大地の2点本塁打を含む5長短打に3失策が絡んで6失点。「左打者の内角への直球がシュート回転し、甘いコースに入ってしまった。流れを止められなかった」と反省しきりだった。
 六回に横山が三塁打を許したのは左打ちの岡田幸文。「左打者に右投手を使わないといけないのが苦しいところ」と梨田監督。救援陣に守護神松井裕樹以外の左腕が不在という苦しい台所事情まで露呈してしまった。(佐々木智也)


2016年03月30日水曜日


先頭に戻る