広域のニュース

<仙台圏にある北海道>道内の美味 広めたい

北海道の商品が並ぶ北海道どさんこプラザ仙台店

◎(3)北海道どさんこプラザ仙台店(仙台市青葉区)

 缶ビール、珍味、シュークリーム、カップ焼きそば。北海道新幹線の車両やPRキャラクター「どこでもユキちゃん」が描かれた商品が並ぶ。
 アンテナショップ「北海道どさんこプラザ仙台店」(仙台市青葉区)は31日まで、新幹線開業フェアを開催している。浅沼輝樹店長(40)は「子供は新幹線のパッケージ商品に興味があるようだ。フェアで開業ムードを高めたい」と話す。
 新幹線開業を視野に2014年10月、道内の物産品をPRする東北初の常設店としてオープンした。
 売り上げの4分の1を菓子類が占める。ハスカップのジャムをサンドしたクッキー(640円)やビタミンカステラ(87円)はお土産としても人気がある。
 お勧めは、にしんのかす漬け(432円)。骨の身離れもよく「やみつきになる味」(浅沼店長)。新駅が設置された北海道木古内町のエゾシカジンギスカン(1080円)もイチオシだ。丁寧に下処理しているため臭みがなく、肉質も柔らかいという。
 浅沼店長は「知名度があまり高くなかった道南地区の商品も注目されるようになればうれしい」と開業効果に期待する。

<メモ>食品や雑貨など約700点を扱い、休日には400〜500人が来店する。店頭で販売するソフトクリームも人気。仙台市青葉区一番町4丁目5の24、錦章堂ビル1階。午前10時〜午後7時。元日のみ休み。連絡先は022(796)2150。


関連ページ: 広域 経済

2016年03月30日水曜日


先頭に戻る