福島のニュース

伊達・霊山で林野火災 9ha焼ける

 30日正午ごろ、福島県伊達市霊山町山野川の山林で火災が発生し、同日夕までに約9ヘクタールが焼けた。福島県によると、鎮火は確認されておらず、けが人や建物被害などの報告はない。
 伊達市は市内4カ所に避難所を開設し、現場付近の住民に自主避難を呼び掛けた。県によると、このうち中川集落センターには一時約30人が避難した。
 福島県は同日、陸上自衛隊に災害派遣を要請。自衛隊機と福島、宮城、山形各県の防災ヘリが上空から、地元消防署員や消防団員ら約140人が地上から消火活動に当たった。
 中川集落センターに家族5人で避難した無職斎藤タカ子さん(77)は「自宅が無事であってほしい」と不安そうに話した。別の主婦(60)は「バリバリと何かが破裂するような音がした」と火災の様子を語った。
 現場は伊達市中央部の山あいで、集落が点在する。近くには食品工場がある。


関連ページ: 福島 社会

2016年03月31日木曜日


先頭に戻る