宮城のニュース

太陽光発電の出力変動 水素使い対策研究へ

 東北電力は31日、再生可能エネルギーの導入拡大に向けて、水素製造技術を使って太陽光発電の出力変動を調整する研究を始めると発表した。4月に必要な設備の詳細設計を始め、2017年3月〜19年3月の2年間実施する。大手電力会社では初の試みという。
 東北電の研究開発センター(仙台市青葉区)に、太陽光発電設備(50キロワット)と水素の製造装置、貯蔵タンクを設置する。太陽光で発電した電気で水を分解して水素を製造。貯蔵した水素は、燃料電池で酸素と反応させて発電し、センター向け電力として使う。
 東北電は、自然条件で発電出力が左右される太陽光などの再生エネの弱点を克服しようと、西仙台、南相馬両変電所で蓄電池を使った出力変動対策の実証事業を行っている。同様に水素製造が対策として有効か検証する。東北電は「得られた知見や成果は、東北の水素社会実現に向けた取り組みに提供したい」と説明した。


関連ページ: 宮城 経済

2016年04月01日金曜日


先頭に戻る