宮城のニュース

<楽天>育成の片山が投手に再転向

片山博視選手

 東北楽天は31日、育成の片山博視内野手(28)が投手に再転向すると発表した。野手に転向する原因となった左肘のけがが回復し、本人が希望したという。
 片山は2006年、高校生ドラフト1巡目で東北楽天入り。主に中継ぎ左腕として206試合に登板した。プロ10年目の昨年2月、野手に転向し、昨季はイースタン・リーグで打率2割3分8厘、1本塁打、11打点。オフに自由契約となり、育成選手として契約した。
 片山は「再び1軍のマウンドに立てるように一生懸命頑張る」とコメントした。


2016年04月01日金曜日


先頭に戻る