宮城のニュース

仙台駅周辺など歩きたばこ禁止に

 歩きたばこを規制する仙台市の歩行喫煙防止条例が1日施行された。
 条例は混雑するアーケード街やJR仙台駅周辺で歩行中や自転車乗車時の喫煙のほか、強風時の喫煙で火を飛散させることを禁じている。罰則規定はない。別に市内全域の道路や公園でも歩きたばこをしないよう求めている。
 初日は同市青葉区中心部のアーケード街で街頭キャンペーンがあり、市の観光PR集団「伊達武将隊」が参加。「混み合う街中での歩行喫煙は、すれ違う人をやけどさせ、衣服を焦がす危険がある」と、買い物客らに歩行喫煙をしないよう呼び掛けた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月02日土曜日


先頭に戻る