宮城のニュース

<白石温麺茶屋>松川弁当店が買い取り開業へ

 駅弁製造販売の松川弁当店(米沢市)が、宮城県蔵王町の国道4号沿いの飲食店「白石温麺(うーめん)茶屋」の土地と建物を購入し、9日、同じ店名で改装オープンさせる。
 一般客だけでなく団体客も受け入れ、温麺のほか米沢牛を使用した焼き肉などを提供する。店舗は、首都圏からのツアー客など向けに販売する弁当の製造拠点としても活用する。
 同社は創業1899年。3月30日、中小企業特定社債保証制度を利用し7000万円のエコ私募債(期間7年)を発行。山形銀行が全額引き受けた。松川弁当店は調達した資金を運転資金に充てる。


関連ページ: 宮城 経済

2016年04月02日土曜日


先頭に戻る