宮城のニュース

みやぎ登米農協PR 「みやとめさん」にお任せ

榊原組合長(右)から辞令交付を受ける「みやとめさん」

 みやぎ登米農協(宮城県登米市)は1日、同市産農産物のPRを狙ったマスコットキャラクター「みやとめさん」を発表した。着ぐるみによる広報活動や商品の包装などに活用する。
 同農協本店で、榊原勇組合長がみやとめさんの着ぐるみに「総務課広報担当」の辞令を交付。榊原組合長は「みやぎ登米農協の存在感が高まるように啓発してほしい」と激励した。
 みやとめさんは「コメと牛の妖精」という設定。担当者は「登米産環境保全米をたくさん食べて体が黄金色に輝き、登米産イチゴを食べて髪の毛とほっぺが赤くなった」と配色を説明する。
 同農協の2014年度の販売額は米穀82億円、畜産物71億円でいずれも県内トップを誇る。


2016年04月02日土曜日


先頭に戻る