宮城のニュース

<楽天>松井裕、今季初セーブ「吹っ切れた」

今季初セーブを挙げた東北楽天の松井裕(1)と捕手嶋

 東北楽天の守護神、松井裕が登板4戦目で今季初セーブを挙げた。則本の後を継いだ九回を無得点に抑え「セーブが一つ付いたことで吹っ切れた」と爽やかな表情を見せた。
 「新しくなったマウンドに合わせられず、足が滑った」と先頭の浅村にストライクが一球も入らず四球。それでも冷静さを失わず、続く森を縦に鋭く曲がるスライダーで空振り三振に。最後は遊ゴロ併殺で危なげなく締めた。
 抑えに転向して2年目。今季初セーブが付く状況での登板に「緊張感の高め方を思い出しながら投げた」と振り返る。則本と一緒に上がったお立ち台では「目標は40セーブ」と宣言。則本からウイニングボールを受け取り、「40セーブまで次のボールはもらわない」と20歳の左腕はさらりと言った。


2016年04月02日土曜日


先頭に戻る