福島のニュース

元民主・吉田氏、次期衆院選立候補せず

 元民主党衆院議員で、2014年12月の衆院選福島5区で落選した吉田泉氏(67)は2日、次期衆院選に立候補しない意向を明らかにした。既に民進党福島県連幹部らに伝えており、5区総支部が後継の候補者選考を進める。
 吉田氏は取材に「東日本大震災と原発事故から5年がたち、新党も結成された。(地元の)いわき市議に初当選してから20年でもあり、後進に道を譲る節目だと判断した」と説明した。
 5区総支部は夏の「衆参同日選」も想定し、今月中にも後継を絞り込みたい考え。吉田氏は人選が難航した場合でも「立候補する気持ちはない」と述べた。
 吉田氏はいわき市出身、東大卒。2003年衆院選で初当選し、当選4回(福島5区1回、比例東北3回)。民主党政権では復興副大臣を務めた。


関連ページ: 福島 政治・行政

2016年04月03日日曜日


先頭に戻る