宮城のニュース

<ベガルタ>GK関 肉離れで全治5週間

 J1仙台は3日、GK関憲太郎(30)が仙台市内の病院で、右股関節付近の肉離れと診断されたと発表した。全治5週間の見込み。
 1日の第1ステージ第5節アウェー広島戦にフル出場した後に違和感を訴え、2日に精密検査を受けた。
 関は、3月6日の今季ホーム初戦、第2節FC東京戦で右足外側くるぶし付近の靱帯(じんたい)を損傷し全治3〜4週間と診断されたGK六反勇治に代わり、12日の第3節ホーム鹿島戦で今季初出場した。以降、ヤマザキナビスコ・カップを含む公式戦5戦連続で先発。守護神不在のチームの危機を救った。
 仙台は6日のナビスコ杯1次リーグB組第3節アウェー鳥栖戦を控えるが、六反が復帰できるかどうかは微妙な情勢。GKはほかに、リーグ戦とナビスコ杯に出場経験がない石川慧、共に仙台ユース所属で、2月に2種登録されたばかりの阿部輝、松浦祥太郎の3人がいる。


2016年04月04日月曜日


先頭に戻る