宮城のニュース

<楽天>終盤の勝機逃す 福山が決勝打浴びる

9回、鬼崎に勝ち越しの左前適時打を許した東北楽天3番手の福山(坂本秀明撮影)

 八回裏と九回表の攻防が明暗を分けた。前日4打点で主役となった今江敏晃が勝ち越し機で一打を欠き、中継ぎの柱・福山博之は窮地をしのげなかった。東北楽天は今季初の同一カード3連勝を逃した。
 2−2の八回、代打福田将儀の犠打などで2死三塁を築く。ウィーラーが敬遠気味に歩かされた後、今江が登場。応援が一気に熱を帯びた。3ボール1ストライクから外角直球を振り抜いた飛球は、惜しくも中堅手の守備範囲。一、三回の好機も逃した5番は「弱気にならず次に向かいたい」と巻き返しを誓った。
 勝負の分かれ目は直後の九回。八回に続いて投げた福山が先頭メヒアに安打を許す。その後の犠打などによる2死三塁は八回裏と同じ状況に。初球の速球が外角に構えた嶋基宏のミットより内に入った。福山は鬼崎裕司に左前へ決勝打を浴びると、マウンドで色を失った。「打たれたことが反省点」と言葉少なだった。
 「松井裕樹デー」と銘打たれた一戦。八回に今江が勝ち越し打を放ち、九回はその守護神に締めてもらう。理想の展開に持ち込みたかったが、勝負事はそうシナリオ通りにはいかない。梨田昌孝監督は「オリックス戦の初戦を取るのが大事になる」と早くも頭を切り替えた。(佐藤理史)


2016年04月04日月曜日


先頭に戻る