青森のニュース

<浅虫水族館>飛ぶ!遊ぶ!イルカショー再開

迫力あるジャンプを披露するイルカたち

 青森市の青森県営浅虫水族館で、イルカプールの改修工事のため1月から休止していたイルカショーが再開された。バンドウイルカとカマイルカの4頭がダイナミックなジャンプを披露したり、観客へ向けてボールを投げたりし、同館を訪れる家族連れを楽しませている。
 同館では1月10日〜3月20日、つり天井や水槽の一部の修理工事を実施した。パフォーマンスの休止を伴う改修は約20年ぶり。
 4〜12月の平日は4回、土日曜・祝日は5回の公演を行う。イルカショーが見られる東北の水族館は、同館と「仙台うみの杜水族館」(仙台市)だけという。
 家族で帰省するたびに浅虫水族館に来るという新潟市の江差家結望(ゆの)ちゃん(2)は「イルカのボール遊びが面白かった」と笑顔で話した。


関連ページ: 青森 社会

2016年04月05日火曜日


先頭に戻る