岩手のニュース

酒気帯び運転容疑 取り調べを受けた市議辞職

 岩手県釜石市の山崎将也市議(39)は4日、酒気帯び運転の疑いで任意の取り調べを受けたとして、辞職願を佐々木義昭市議会議長に提出し、受理された。
 山崎氏によると、1日午後9時半ごろから2日午前3時ごろまで市内の複数の飲食店で飲酒。乗用車で帰宅中の同日午前3時半ごろ、同市野田町の国道283号で縁石に接触する事故を起こした。駆け付けた警察官の呼気検査で1リットル当たり0.37ミリグラムのアルコールが検出されたという。
 山崎氏は記者会見し「生ビール2杯、焼酎水割りを5杯以上飲んだ。自身の未熟さ、軽率さが招いた行為。議員辞職することで責任を取りたい」と謝罪した。
 山崎氏は昨年9月の市議選で、当選者20人中2番目の1400票を獲得して初当選した。


関連ページ: 岩手 社会

2016年04月05日火曜日


先頭に戻る