秋田のニュース

<あきたびじょん>FB「いいね!」5万件超

秋田県が発信するフェイスブックのページ「あきたびじょん」の画面

 秋田県が発信するインターネット交流サイト「フェイスブック」(FB)のページ「あきたびじょん」に閲覧者が賛意を示す「いいね!」の数が、3月末に5万件を超えた。自治体が手掛けるFBでは全国4番目の多さという。運営する県あきたびじょん室は「単なるPRではなく、秋田に興味を持ってもらう狙いがある。足元にある魅力を発信し続けたい」と話す。
 「あきたびじょん」は2012年1月に開設し、毎日1、2本の写真と記事を掲載。内容は多岐にわたり、観光地以外に、地域で愛されている調味料などの食文化も紹介している。
 「いいね!」の数は3月上旬に4万5000件程度だったが、県がバナー広告をFBに出した効果も重なり一気に大台に乗った。
 写真や記事は8カ所ある県地域振興局が提供し、あきたびじょん室職員が選択。担当する同室の赤田有佳さん(25)は「魅力的な写真を優先して載せている。地道な成果が実り、5万件を達成できた」と喜ぶ。
 あきたびじょん室によると、自治体のFBのうち「いいね!」の数は熊本県の「くまモンオフィシャル」がトップ。東北では福島県の「ふくしまからはじめよう」が全国で3番目だという。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2016年04月05日火曜日


先頭に戻る