秋田のニュース

北限のツバキ見頃 春の山赤く染める

かれんな花を咲かせている北限のヤブツバキ=4日午後4時30分ごろ、男鹿市船川港の能登山

 自生するヤブツバキの北限域の一つとされる秋田県男鹿市船川港椿地区の能登山で、花が見頃を迎えている。
 直径数センチのおわん型の赤い花が咲き、海側に面した場所を中心に満開の木もある。市によると、例年5月上旬ごろまで楽しめる。
 能登山には約300本が自生し、北限地域として1922年、国の天然記念物の指定を受けている。
 友人と3人で訪れた同市船川港の無職三浦香代子さん(66)は「一重で優しい感じの花が好き」と話しながら散策を楽しんでいた。


関連ページ: 秋田 社会

2016年04月05日火曜日


先頭に戻る