宮城のニュース

若柳の拠点新しく 栗原市支所建て替え完了

新築された若柳総合支所。11日に業務を開始する

 老朽化が進んでいた栗原市若柳総合支所の建て替え工事が終わり、5日に同市若柳川南の現地で内覧会が行われた。11日に開庁する。
 新庁舎は現庁舎敷地内の南東側に建設された。木造平屋1128平方メートルで、相談室や会議室を備える。総事業費は約5億800万円。訪れた人は「奥行きがあって広く感じる。一つのフロアに職員がいるので、用事を足しやすい」と話した。
 現庁舎は1977年、若柳町役場として完成。東日本大震災の地震で激しく傷み、地元から建て替えの声が上がっていた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月06日水曜日


先頭に戻る