宮城のニュース

<楽天>辛島ぴしゃり7回無失点

7回無失点で今季初勝利を挙げた東北楽天・辛島

 先発辛島航が7回3安打無失点で今季初勝利を挙げた。初登板だった前回ロッテ戦は制球を乱し六回途中降板して黒星を喫する悔しさを味わった分、「11得点の打線に感謝。取りあえず(自分の勝率を)5割に戻せて良かった」と喜んだ。
 一回2死から6者連続三振を奪う圧巻の投球を見せた。序盤はカウントを稼ぐカーブと追い込んでから高めを突く直球がさえた。「嶋(基宏)さんの真っすぐ中心のリードで、自分のいいところをうまくを引き出してもらった」と感謝する。
 完封も可能な雰囲気で投げてきたが、六、七回とも四球を出すなど最後の方はややペースダウン。「四球を出すようなことがなければ(最後まで)いけた。中盤はカーブの制球が良くなかった」と課題も感じたようだ。
 与田剛投手コーチは「ここ数日間はブルペンで直球の走りが良かった。悪いながらも六、七回も踏ん張り、自信になったはず」と左腕をたたえた。(佐々木智也)


2016年04月06日水曜日


先頭に戻る