宮城のニュース

<ベガルタ>ナビスコ杯きょうアウェー鳥栖戦

 J1仙台は5日、ヤマザキナビスコ・カップ(ナビスコ杯)1次リーグB組第3節の鳥栖戦(6日19時・ベストアメニティスタジアム)に向けて、仙台市泉サッカー場で最終調整した。
 試合形式の練習では、主力組にGK石川慧が入り、ゴール前のシュートを防ぐなど切れのある動きを披露。左サイドハーフはMF杉浦が務め、周囲との連係を入念に確認した。
 フィッカデンティ監督率いる鳥栖はナビスコ杯初戦の第2節アウェー新潟戦を0−1で落とした。リーグ戦を含め、5試合連続勝ちなしと苦しんでいる。
 仙台は前節、アウェーで柏を1−0で下した。現在勝ち点6で、B組暫定首位に立つ。鳥栖に勝利すれば3年ぶりの決勝トーナメント進出に大きく近づく。
 渡辺監督は「鳥栖の(守備重視の)スタイルは、フィッカデンティ監督が率いた昨季のFC東京に似ている。ただ、カップ戦はメンバーを大幅に入れ替える可能性が高い。しっかり分析して臨みたい」と話した。

<杉浦、今季初先発が濃厚>
 杉浦が今季公式戦初先発する可能性が高い。左サイドハーフを任された5日の実戦練習では、持ち前の精度の高いパスなどで、攻撃にリズムを生んだ。「最近は調子が良い。ゴールにつながるプレーをしたい」と意気込んだ。
 キャンプ中はサイドバックでプレーすることが多かった。慣れない位置だったが、「いろいろな場所を経験することは、サイドハーフの位置取りの参考にもなる」。試合で練習の成果を生かす決意だ。
 昨季はリーグ戦出場3試合にとどまり、プロ10年目の今季は勝負の年。「与えられたチャンスで力を発揮する。チーム一丸で勝利したい」と闘志を燃やした。


2016年04月06日水曜日


先頭に戻る