福島のニュース

地銀系証券会社「とうほう証券」開業 東北初

テープカットで開業を祝う関係者

 東邦銀行の証券子会社「とうほう証券」の開業セレモニーが5日、福島市の同行本店であった。本店内に同日開店した福島支店を皮切りに21日までに5営業店がオープンする。
 証券会社開設は東北・北海道の地方銀行、第二地銀で初めて。東邦銀の北村清士頭取は「金融業界は貯蓄から投資へと大きく変わる。市場縮小や少子高齢化が進む中、新たなビジネス展開に踏み出す機会を頂いた」と語った。
 式典には福島県の畠利行副知事らが出席。とうほう証券の加藤容啓社長とテープカットし開業を祝った。
 とうほう証券は同行の完全子会社で資本金30億円。銀行から顧客の紹介を受けるビジネスモデルを基本とする。東邦銀の本店、郡山、いわき、会津の各支店に支店を、南相馬市に営業所を設ける。従業員は50人。


関連ページ: 福島 経済

2016年04月06日水曜日


先頭に戻る