福島のニュース

<原発事故>ヒメマス漁 金山町9日解禁

 福島県金山町の沼沢漁協は5日、臨時総会を町内で開き、東京電力福島第1原発事故の影響で禁漁になっていた同町の沼沢湖のヒメマス漁を9日に解禁することを決めた。県内唯一のヒメマス生息湖での漁が4年ぶりに復活する。
 沼沢湖のヒメマスは原発事故後、食品の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超えるセシウムが検出されたため、県は2012年4月から漁の自粛を要請した。14年8月以降は基準値を超える検出はなく、ことし3月30日に要請を取り下げた。
 沼沢湖は県内唯一のヒメマス生息湖として、原発事故前は多くの釣り客が訪れていた。町内外の民宿などがヒメマスを食材として提供していた。沼沢漁協は禁漁期間中、毎年10万〜20万匹の稚魚を放流し、ヒメマスを守り続けた。
 鈴木茂組合長は「釣り人からは一日も早く解禁してほしいという声は聞くが、早くヒメマスを食べたいという声はなく、簡単に喜べないというのが正直なところ。風評被害の払拭(ふっしょく)は難しいが、何とか食べてもらえる状況をつくりたい」と話した。
 町と漁協は16日に解禁を記念し、ヒメマスの試食会や稚魚放流といったイベントを開く予定。


2016年04月06日水曜日


先頭に戻る