宮城のニュース

<仙台圏にある北海道>店舗に工房備え提供

箱詰めされる焼きたてチーズタルト。北海道のおいしさを味わえる

◎焼きたてチーズタルト店(仙台市青葉区)

 年間1000万個が売れる北海道発の「行列スイーツ」が東北に初進出した。
 JR仙台駅(仙台市青葉区)2階の在来線改札口内に3月、焼きたてチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TART 仙台店」がオープンした。国内9店目となる。
 店に工房を備え、作り置きしない。出来たてを届ける東京の運営会社、BAKE(ベイク)の哲学だ。
 チーズムースに使うクリームチーズは、軽い風味の函館産とコクのある別海産という道産2種類に塩味が強めのフランス産を合わせた。クッキー生地はオーブンで焼いてムースを注ぎ、再び焼き上げることで食感がよりサクサクになる。
 長沼真太郎社長(29)の父が会長を務める札幌市の老舗洋菓子店「きのとや」が途中の工程まで製造し、送ってくる。
 長沼社長はかつて道内のきのとや店長を務め、当時はチーズタルトを冷やして出していた。2011年、シンガポールでの催事で焼きたてのまま提供し、人気を博したのが誕生のきっかけ。改良を重ね、今の味になった。
 仙台店の松本悦子店長(28)は「これを目当てに仙台を訪れてくれるような店を目指す」と意気込む。

<メモ>営業時間は午前10時〜午後9時。無休。1個216円、6個1242円。022(224)6306。北海道では、きのとや白石本店(札幌市)など4店で焼きたてチーズタルトが売られている。


関連ページ: 宮城 経済

2016年04月07日木曜日


先頭に戻る