宮城のニュース

<楽天>助っ人存在感 効果的な一発で援護

4回、勝ち越しソロを放ったゴームズ(3)をベンチで迎える東北楽天ナイン

 ゴームズ、ウィーラーの両外国人が全5打点を挙げる活躍で勝利に貢献した。追加点が欲しい場面で共に今季第1号となる本塁打を放ち、梨田昌孝監督は「ここまで苦しんできた2人の一発は効果的だった」と働きに目を細めた。
 1−1の四回、まずはゴームズ。フルカウントから高めの直球を左翼席中段に強烈なライナーで突き刺し、「あれが俺のホームラン」と胸を張った。五回には2死満塁から冷静に押し出し四球を選び、力投を続ける先発美馬学を援護した。
 六、七回に好機で一打が出ず嫌な展開の中、要所をしのいでいた美馬が八回に1点を許し3−2で迎えた九回。ウィーラーが快音を響かせた。
 「ボールの下をたたくのを意識した」と左中間にダメ押しの2ラン。一回には先制の適時二塁打を放った。4試合連続の適時打にも「試合に出る以上は一生懸命やるだけ。その姿勢を変えずにやりたい」と次戦に向け気を引き締めた。
 4番と7番に外国人を置くことで、打線につながりと迫力が生まれている。ゴームズは「ウィーラーと2人でチームを引っ張っていければいい」と、さらなる貢献を誓った。(佐々木智也)


2016年04月07日木曜日


先頭に戻る