青森のニュース

<北海道新幹線>緊急停止 金属片を誤探知か

 北海道新幹線が1日午後1時15分ごろ、青函トンネル内で緊急停止していたことが6日、分かった。緊急停止は3月26日の開業後初めて。トンネル内を含む82キロは貨物列車との共用区間でレールが3本あり、新幹線用のレールと真ん中の在来線用のレールの間に落ちていた金属片を誤検知したのが原因とみられる。
 JR北海道によると、新函館北斗(北海道北斗市)発東京行き「はやぶさ22号」が吉岡定点(旧吉岡海底駅、北海道福島町)付近を時速140キロで走行中に運転士が赤信号を確認、非常ブレーキで緊急停止した。制動距離は約800メートル。乗客約350人のうち1人が首に違和感を訴えた。
 間もなく運転を再開し、次に停車する奥津軽いまべつ駅(青森県今別町)に2分遅れで到着した。1日夕の点検で縦6センチ、横4センチ、厚さ0.2センチの楕円(だえん)形の金属片が軌道内で見つかった。
 共用区間では、3本のレールのうち左端の1本が共用、右端が新幹線用、真ん中が在来線用で、それぞれに電流を流して列車の走行を検知している。今回は右側2本のレールの狭いすき間にあった金属片に通電し、システムが新幹線と貨物列車が同時に走行している不正な状態と判断し「瞬時停止信号」を発信したとみられる。
 JR北海道は「わずかな遅れで他の列車や安全に影響がなく、けが人もなかった」として公表しなかった。今後、金属片を成分分析し、原因を調査する。
 青森県と今別町は6日、JR北海道に原因究明と対策の報告を求めたほか、同様の事象が起きた場合は速やかに情報提供するよう申し入れた。県新幹線・並行在来線対策室の蒔苗均調整監は「影響が軽微だったとはいえ連絡すべき事案だ。連絡を密にして安全に対する認識のずれをすり合わせていく必要がある」と話した。


関連ページ: 青森 社会

2016年04月07日木曜日


先頭に戻る